看護部紹介ページ
メインメニュー

センパイからのMessage

2016年のMessage

3病棟 看護師

12月のMessage 私の職場を紹介します!

 

 3病棟は、主に整形外科病棟です。整形外科病棟では骨折や膝や足趾の変形により、日常生活が困難になった患者さんが入院してきます。

 骨折や変形(膝・足趾)では、手術を必要とする患者さんが多く受傷前のADLに近づける為、手術翌日よりリハビリを開始します。その中で、重要となるのが疼痛コントロールです。医師より疼痛コントロールについて勉強会を行ってもらい術後の疼痛に対して早期より疼痛緩和を図るなど先生とのコミュニケーションを図り日々の看護を行っています。患者さんのADL拡大に向け、2/週、医師の指示のもとリハビリカンファレンスを行い、患者さんのリハビリ目標をリハビリスタッフと看護師とで設定しています。日中の離床時間の延長や自主訓練の促しなどで、歩行器や杖歩行へとADLが日に日に拡大する患者さんの笑顔を見ると看護師という仕事にやりがいを感じます。

 また、回復期病院適応の患者さんに対し、地域連携パスを使用して入院後早い段階で患者さんや家族の意向を聞き、回復期病院を決めています。院内、他部署との連携だけでなく、他病院との連携も大切になり、患者さんの情報共有ができるように努めています。忙しい中でも明るく、笑顔を絶やさないよう、時には少し大きな声で患者さんと笑い合い、スタッフ一同頑張っています。

 

 私は現在、時間短縮勤務をしています。2児の母であり、急に子供が病気になった時などは、時間有休を利用するなど、師長をはじめ、スタッフのサポートがあり仕事と子育ての両立ができる職場だと感じています。日々、忙しい中でも私の看護観である「患者さんの立場にたって物事を考える」をモットーに日々精進していきます。

ICU 看護師

11月のMessage 私の職場を紹介します!

 

 当院ICUは侵襲の大きな手術の術後管理、救急搬送された重症患者さんの全身管理、院内急変や入院中に状態が重篤化した患者さんが入室されます。入室後は患者さんの状態を24時間モニタリングしながら、様々な医療機器を使用し、また、他職種との連携を行い治療看護にあたっています。
ICUは緊張感を伴う現場であり、様々な知識、迅速な判断力を必要とされます。そのため、スタッフの知識、看護技術の向上を目的とし、毎月、勉強会を行っています。
看護カンファレンスでは患者さんの看護計画を見直し、スタッフ間で意見交換を行うことで情報共有を行い、統一された質の高い看護を提供できるよう努めています。
知識、技術面ももちろんですが、私たちICUスタッフは、患者さんとのコミュニケーションをとても大切にしています。入院生活の中で精神的にも、身体的にも辛い時期をICUで過ごされる患者さん、ご家族の力になるため、スタッフ一同、責任と愛情を持って笑顔で業務にあたっています。
半数以上のスタッフが、看護師経験10年以上ですが、今年から新人看護師も加わり新たな気持ちで頑張っています。
忙しい中でも、お互い声を掛け合い、協力しながら仕事ができる、素敵な職場だと思います。

 

5病棟 看護師

10月のMessage 私の職場を紹介します!

 

 5病棟は、心血管センターです。心臓カテーテル検査や心臓手術を受けた患者さんの看護を中心とした、入退院の多い病棟です。ここでは、心臓に疾患のある患者さんが入院しているため、急に状態が変化したりすることもあり、常に緊張感が高く勤務しています。患者さんのちょっとした変化や異常を早期に発見することが大切だと改めて実感しています。
心血管センターは、チームで取り組むことを目指し、日々、患者さんの想いに触れ、看護の大切さに気付くことができるとてもやりがいのある、笑顔あふれる職場です。

 

 私は2年目の看護師です。循環器の勉強はとても難しいです。特に心電図の読み方は患者さん個々によって波形が異なるため、悩まされるのですが、毎週1回病院長がしてくれている心電図の講義を受け、日々先輩看護師に優しく教えてもらいながら楽しく学ぶことができています。
これからもしっかり自分のスキルを高めていきたいと思います。

 

外来 看護師

9月のMessage 私の職場を紹介します!

 

 大分市の東部に位置する当院は、二次救急指定病院で地域の中核病院としての機能を果たしています。年間2000台前後の救急車を365日24時間受け入れています。

 来院される患者さんの疾患は様々で外傷・消化器系・循環器系などが多く、より質の高い救急看護実践を行えるよう日々勉強し業務に取り組んでいます。

 

 最近は、プレホスピタルケア(病院外での救急活動)なども積極的に行っています。具体的には、DMAT、Drカー出動や災害支援ナースとして活動を行っています。そのために必要な資格を取得し、スキルアップが望める部署だと思います。


医師、看護師だけではなく他職種と連携をはかり患者さんやご家族に対し常に質の高い医療・看護をこころがけています。

 

 私達のチームで一緒に働いてみませんか?

 

2病棟 看護師

8月のMessage 私の職場を紹介します!

 

 2病棟は消化器外科・放射線科の混合病棟です。

以前より手術件数が増え、サイバー治療や検査も多く緊張感のある日々です。医師・看護師・薬剤師・栄養士・リハビリ・MSW・介護福祉士・看護助手との多職種で連携を密にとり、チーム医療を提供しています。


疾患による痛みや苦痛・精神的な不安も多くある患者さんに対し、専門的な知識をもとにケアを行っています。優しさ・思いやり・笑顔で接し、安心して治療が受けられる環境作りができています。
緊急入院や緊急手術も多く多忙な業務ですが、スタッフ一同笑顔で元気よく頑張っています。

 

 

 私は、個人の自己研鑽へのサポート体制が充実していることが大分岡病院の魅力の一つだと思います。
現在DMATや院内の各委員会活動(RRT(急変救急対応チーム)・RST(呼吸サポートチーム)・災害)をしています。病棟業務も忙しい中ですが、自己研鑽の機会を頂き感謝とやりがいを感じ日々取り組んでいます。


 

 

介護福祉士

7月のMessage

 

 大分岡病院では、現在14名の介護福祉士が各病棟に3~5名配属されています。


主な業務内容は、食事・入浴・排泄介助・口腔ケア・おむつ交換・移動移乗の介助・清潔保持・更衣など介護業務全般を担当しています。


患者さんは年齢、性別、疾患も様々で、色んな方が入院されています。
直接身体に触れたり、会話をすることも多いため身体や心理面、食事面などの変化に気づいた時すぐに看護師に報告、相談できるので安心して仕事をすることができています。

一人ひとりに合った個別ケアを見い出し、退院後もできるだけ入院前と同じように生活できるようサポートすることが大事だと思います。


介護福祉士もカンファレンスの参加や排尿リハケアチーム、摂食嚥下チーム等に参加し他職種と連携をとることも多くなってきました。

これからも各病気についての知識やケアの仕方、介護技術の向上、コミュニケーション技術など多方面の勉強が必要だと思います。
 

 

4病棟 看護師

5月のMessage

Q1.看護師を目指した理由は?

 小さい頃から医療関係に興味があり、患者さんの近くで一番寄り添える看護師に憧れを持つようになりました。
両親の勧めもあり、看護師を目指しました。

 

 

Q2.看護師になってよかったなぁと思う点は? 

 一つひとつの責任も大きく、看護師という仕事の大変さを日々感じています。その中でも回復して笑顔で話される姿を見たときは、よかったな。と感じます。
「あの時はきつかったけど、良くしてもらって楽になったよ。」と言われた時、とても嬉しくなったのを覚えています。


 

Q3.岡病院の一押しポイント!

 病棟の先輩方の細やかな指導やアドバイス、スタッフ間で協力して働けること、同期との仲も深まり支えあえることなどです。入職時は不安もたくさんありましたが、岡病院に入職して本当に良かったと感じています。

 

 

透析室 看護師

4月のMessage

Q1.看護師を目指した理由は?

 祖母が看護師をしており、小さい頃から看護師の仕事はどのようなものなのかを聞く事が多くありました。患者さんとの素敵なエピソードを耳にするうちに、看護という仕事に興味とやりがいを感じるようになったのがきっかけです。

 

 

Q2.看護師になってよかったなぁと思う点は? 

 私が所属している部署は透析をしている患者さんと関わる部署なので病気が完全に良くなることはありません。生涯続く治療を、いかに快適なものにできるかは日々の看護が直結していると思います。
透析が終わったあと、「今日もありがとう」と笑顔で帰宅される患者さんを見たときに透析とう専門的な分野での看護に対するやりがいを感じます。

 

Q3.岡病院の一押しポイント!

 1年目からラダーの研修が組まれています。ゆっくりとした教育プログラムで焦ることなくステップアップすることができます。

 

 

5病棟 2年目看護師

3月のMessage

Q1.看護師を目指した理由は?

 小学生の頃に看護師は素敵だと思っていましたが、将来の職業としては考えていませんでした。中学生のときに祖母が亡くなり、ずっとそばにいてあげたかったなぁとか、何かしてあげられることがなかったかなぁと考えたとき、そばにいてあげられるのは看護師だと思ったことがきっかけです。

 

Q2.看護師になってよかったなぁと思う点は? 

 大変なことも多いですが、患者さんが元気に退院していく姿を見たときです。入院患者さんは家族の方と会う回数が少ないので、家族の代わりにはなれませんが、少しでも話し相手になり、患者さんの気持ちを傾聴することができたときです。
 

Q3.岡病院の一押しポイント!

 新人教育がしっかりしているので安心して業務ができること、スタッフみんながとても良いので楽しく働くことができています!!

 

 

 

 

4病棟 2年目看護師

2月のMessage

Q1.看護師を目指した理由は?

 身近に病気の人がおり、看護師になってたくさんの人を救いたいと思ったことが最初のきっかけです。

 

Q2.看護師になってよかったなぁと思う点は? 

 患者さんが回復して笑顔で帰られる時、看護師になって良かったなと思います。
病気になってからのつらい時期を一緒に過ごしているので、笑顔で帰られる姿を見届けることが私のやりがいでもあります。
 

Q3.岡病院の一押しポイント!

 先輩方が優しく指導してくださり、学びやすい環境です。たくさんの疾患、処置も勉強になります。
プライベートも充実でき、同期や先輩方とも楽しく過ごしています。
私は岡病院が大好きです。

 

 

 

2病棟 2年目看護師

1月のMessage

Q1.看護師を目指した理由は?

 小学生の頃、祖母が交通事故にあい入院しました。その際、「私も祖母を助けたい」という思いが強く、その時お世話してくれた看護師さんのようになりたいと思い、志望しました。

 

Q2.看護師になってよかったなぁと思う点は? 

 看護師は大変なことが多いですが、患者さんが名前を覚えてくれた時、患者さんから「ありがとう」と言われた時、とてもうれしく思います。

 

Q3.岡病院の一押しポイント!

 私の所属している2病棟はとても雰囲気が良く、みんなで助け合って仕事をしています。他の病棟もそうだと思いますが、忙しい業務の中でもよく声を掛け合い協力し合って、とても働きやすい病院です。